2011年7月アーカイブ

「金子さんはどのサイトで情報を得ていますか?」というたまにされる質問。

ということで代表的なものをリストアップをしてみました。僕だけではなくngi group
の新規事業を担当しているメンバーが見ているサイトも含まれています。

Techcrunch
http://techcrunch.com/
The Next Web
http://thenextweb.com/
GIGAOM
http://gigaom.com/
Read Write Web
http://www.readwriteweb.com/
Mashable
http://mashable.com/
SAI
http://www.businessinsider.com/sai
Venture Beat
http://venturebeat.com/
eMarketer
http://www.emarketer.com/
Inside Facebook
http://www.insidefacebook.com/
All Facebook
http://www.allfacebook.com/
social bakers
http://www.socialbakers.com/
Social Media Examinar
http://www.socialmediaexaminer.com/

確かにニュースは見ているし、それをベースにトレンドを把握していますが、
それ自体が意味を持つのではなく、新しくビジネスを考えたり経営上の
意思決定をする上でより重要なのは、どういう仮説を立てるかなんじゃないかと
思っています。

既に何カ月、何年も前に誰かが取り組み始めたものが形となって、
それから初めてニュースに掲載される訳で。

国境を越えてタイムマシーン経営が出来る時期、地域はその情報格差を
使ってのビジネスチャンスがあるのかもしれませんが、これだけ情報の
流通スピードが上がり、またプラットフォームがグローバル化した環境下
ではもはや情報の後追いで勝負が出来る訳がありません。

もっとマクロな視点で技術的な進歩や人の行動スタイルの変化によって、
こういう世の中になるんじゃないか、こういうものが求められるようになる
んじゃないか、その仮説が正しいのか、その仮説に従って自分達が何をやるのか、
他人は何をやっているのか、それを知り考えるために情報を得るというのが
本来ニュースを見ることの意義なのではと思います。

誰が何をした/しているというだけではなく、人はどういう仮説を立てて動いている
のか、結局僕の情報収集のほとんどは人との会話がベースです。

上海出張    

| トラックバック(0) |

ngi groupでは2007年より上海やベトナムを中心にアジアでの投資活動を
積極的に行った時期がありましたが、リーマンショックの影響を受け、
2009年3月期に一度海外での投資活動は撤退しました。

一連の集中と選択を終え、昨年4月より改めて上海に法人を立ち上げ、
現在は自社サービスの開発拠点として中国に再進出しています。

現在ngi groupでは自社サービス群の開発を東京と上海のエンジニアリング
チームで行っており、より効率的かつスピーディーに開発を行えるように
7月より体制の見直しを図っております。

今回は上海のエンジニアリングチームとコミュニケーションを取るために
出張してきました。何と昨年末ぶりぐらいの久々の上海です。

 

staff.JPG              オフィスからの眺め.JPG

上海チームのエンジニア              オフィスからの眺め

顧さん(左)と孫さん(右)

 

上海を始めとする中国の都市部の目覚ましい発展は言うまでもありませんが、
今回最も驚いたのは、コンビニのお弁当のクオリティの向上。

中国のコンビニエンスストアは日系のものとローカルのものがありますが、
今回オフィス近くのファミリーマートに入ってみたら、過去見てきたものと異なり
食指が伸びる見た目のお弁当がどっさり並んでいました。

ということでついつい二日連続朝ごはんはコンビニ弁当。大分高カロリー

 

コンビニ弁当2.JPG             コンビニ弁当1.JPG

 

と話がそれましたが、これまで東京と上海が両極で開発をしてきましたが、
本当の意味で一つの開発チームとしてドライブをかけていけるよう、
エンジニアリングチームのメンバーに期待です!

 

 

 

 

 

このアーカイブについて

このページには、2011年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年6月です。

次のアーカイブは2011年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ