2011年8月アーカイブ

現在ngi groupでは本気でスマートフォン向け新規サービスを仕込んでいます。
ヤバいです。そこでUI、UXデザイナーを大々的に募集しています!
誰か良い人いたら教えて下さい!もちろん自主応募も絶賛募集中ですので是非お問い合わせ下さい。


【業務】
ウェブアプリケーション、ネイティブアプリケーションのUI,UXデザイン及び素材製作

少人数のチームでプランナーとエンジニアと密接にコミュニケーションを取りながら、スマートフォン向けの新規サービスに参画してもらいます。

「スマートフォンデバイスというPCのwebに比べて制限の多いフィールドで、いかにユーザーにわかりやすくサービスを提供するか」をきちんと考えて実行できる方を急募しております!

 

ご興味をお持ちの方は、ngi-recruit@ngigroup.comまでメール下さい!

人生初舞台    

| トラックバック(0) |

先日、高校時代の同級生(http://koheimurakami.com/)が舞台の主演をやるということで、初めて舞台なるものを観に行ってきました。

会場の95%ぐらいは女性という状況に僕一人で入って行くのになかなか抵抗はありましたが、友達の晴れ舞台ということで勇気を出して。

2069(http://knocturn.com/2069/)という舞台でした。

パンフレットのあらすじを見て、果たしてどんなもんだろうと思って観ていましたが、あら不思議途中から僕も涙してしまうような状況に。

正直ストーリー自体はコメントしづらいですが、とにかく役者さん達のオーディエンスを引き込む力が強い強い。

僕の友人は高校時代から芸能活動をかれこれ20年近く続けています。
その継続することの意味や価値をたった2時間という短い時間でしたが、見せつけられた気がしました。

舞台は既に公演期間を終えてしまったのでもはや宣伝にもなりませんが、引き続き応援して行きたいと思います!

ということで、久々に仕事と全く関係のない記事でした。

当社がこれから攻める二つの軸について、前回のブログで書きましたが、そのブログに関連する当社のミッションについて言及させてください。

昨年年末にグループ会社であったフラクタリストと経営統合し、今年の年初に全社員に新生ngi groupのミッションを宣言しました。
 
「インターネットユーザーの道標」になるというミッションです。

ここでいう「道標」とは、世界のインターネットユーザーのインターネット上におけるアクティビティの起点(プラットフォーム)になることを意味します。
それを実現する一つの手段が「広告事業」です。
 
旧来型のメディアでは誰がオーディエンスかを意識することなく、とにかく多くの人に広告主のメッセージを届けるということがこれまでの広告ビジネスでした。テレビのコマーシャルなどがそうです。
しかし、インターネットの普及とアドテクノロジーの発達に伴い、僕達が実現すべき広告の形は、ユーザーにとっては「有益な情報」を、広告主にとっては「効果の高いユーザーリーチの機会」を提供することだと考えます。
 
もう一つの手段は"人"を起点にした「自社サービス」を提供し、人々のコミュニケーションをより活性化し、新たな価値を創造することにあります。

この二つの軸を実現し、我々はインターネット社会を代表する企業になることを目指します。
世界中のユーザーに当社経由の広告を通じた情報提供を行い、世界中のユーザーに当社のサービスを利用してもらいたい。そう常に僕は考えています。

当たり前ですが、決して楽な目標ではありません。しかし、インターネットビジネスに取り組む以上、そしてベンチャー企業として更なる飛躍を目指す以上、目標を高くおき、それをどうやって実現するか、取り得る手段は全て取るつもりで走り続けていきたいと考えています。

今、ようやくその挑戦を行う基盤は整いました。
会社としての事業基盤が確立し、目指すべきゴールが定まり、走るべき道筋が見えている状態です。

あとはひたすら走りぬくだけです。今、とてもワクワクしています。

本日2012年3月期第1四半期の決算発表を開示致しました。
このブログでも何度も書いていますが、今、当社を取り巻く環境は大きく変化しています。過去10年間続いたキャリア主導のガラケーマーケットからグローバルなスマートフォンプラットフォームへ急激に移行しまた、ソーシャルメディアの普及等により、トラフィックの分散化が進み、アドテクノロジーの進化がそれを支えて、広告市場全体が大きくシフトしようとしています。
そのような環境下で当社は、今後大きく二つの軸を持ち成長を遂げて行きます。

 

■広告「代理」事業から広告「プラットフォーム」へ
当社の現状の事業の柱である広告代理事業を広告プラットフォームへと大きくシフトし、事業規模のスケールアップを図ります。
スマートフォンの出現によって、これまでのガラケー時代の公式コンテンツプロバイダー中心の広告市場から、一般広告主を含めた非常に大きな市場に変化して行くことが想定されます。
またグローバルなプラットフォームであるスマートフォン上では、国境を越えたマーケティング活動が行われることになります。トラフィックも数多くのアプリやブラウザベースのサービスに分散、多様化し、アドクノロジーの進化によってインプレッションベースからオーディエンスへと価値が移行します。

これらの市場の変化を当社はいち早く捉え、自社で保有する技術力を最大限駆使し、広告主向けの統合型広告管理システム(DSP:Demand Side Platformの略)であるngi Ad Platform を先日リリースし、今後はメディア向けの広告収益最大化システム(SSP:Supply Side Platformの略)を近日リリースします。

これらの広告主向け/メディア向けプラットフォーム上で、アドネットワークやこれまで当社が培ったソーシャルグラフマーケティングをベースとしたソーシャル広告、SEO等の広告商材を提供し、広告主の効率的な広告配信とメディアの広告収益の最大化を実現する広告プラットフォームを構築します。

これまでインターネット広告はインターネットビジネスであったにも関わらず、純広告主導で市場が広がった結果、非常に労働集約的なビジネスになっていましたが、当社の広告ビジネスの知見とアドテクノロジーをもちいて日本の広告業界に一石を投じたいと思います。また、海外のアドネットワーク事業者等との事業提携を進め、グローバルな広告配信にも対応を進めて参ります。

 

■コンシューマ向けサービスの立ち上げ
現在のプラットフォームの変化(スマートフォンの普及とソーシャルメディアの台頭)を的確にとらえ、多くのユーザーにご利用頂ける、日常的に使われる、そして他にはない価値を提供するインターネットサービスを今期中に自社で立ち上げます。

これまで当社は広告事業が主な収益の源泉でしたが、それに匹敵する、そして将来的にはそれを上回る自社サービスを構築します。

 
これからこの二つの軸で、ngi groupはこの夏攻めて行きます!

これまで当社の社外取締役として経営に関与して頂いてきた、元アップルコンピュータ
代表取締役の前刀禎明(さきとうよしあき)氏が、本日、当社の代表執行役会長に就任
致しました。

普段前刀さんと呼ばせていただいているので、このブログでもそのように書きます。
開示資料http://www.ngigroup.com/jp/press/release/001138.htmlに記載の通り、前刀さんは、ライブドア社の前身企業の創業、アップルコンピュータの日本法人の代表など、ベンチャー企業の経営からグローバルカンパニーの経営まで幅広いご経験をお持ちの方です。
これまでも社外取締役として社長である僕が経営判断を迷った時、精神的に大変な時期にいつも支えてきて頂きました。

僕がngi groupの社長に就任したのは今から2年半前の2009年2月。

営業投資有価証券の売却に依存した収益モデルだった当社は、2008年9月に起きたリーマンショックの影響に直面し、保有する資産価値の大幅な減少に見舞われました。当時はまだ事業キャッシュフローが何~二桁億円単位で赤字な状態であり、会社の継続性を何とか確保すべく大幅なリストラクチャリングを断行しました。その際には各関係者に多大なるご迷惑をおかけしましたが、それを乗り越えてきたからこそ現在のngi groupがあると考えております。

本日第1四半期の決算数字を開示致しましたが、過去2期の事業の選択と集中やグループの統廃合を経て、またグループ全社の役職員みんなの努力により事業が成長を遂げ、ようやく上場営業投資有価証券の売却に依存せず、事業ベースの黒字化を達成しています。

そしてこれから僕達は攻めに入ります。

今回会長として事業にコミットをしてくれた経営経験豊富な前刀さん、
そしていつも事業に取り組んでくれている若いエネルギッシュなメンバーみんなの力を合わせ、この夏を突き進んで行きたいと考えています。

これからもご支援の程、宜しくお願いします!!

先日当社のインターネット広告事業本部のマーケティング事業部の
キックオフがありました。

現在ngi group単体で約70名のうち、広告代理事業を行うメンバーと
SEMやSEO等のコンサルティング運用を行うメンバーの約30名が
所属する一番の大所帯のチーム。

このキックオフは四半期ごとに行われ、MVPやMVO(オペレーション
版MVP)の発表、各局の四半期の業績やアウトプット、そして
翌四半期以降の戦略が共有がなされます。

今回のMVPは神農君でMVOはSEO局の時田君でした。二人ともおめでとう!
なかなか味のある文面が書かれた表彰状が二人には送られます。表彰状の
通り、今後の活躍も期待しているので頑張って下さいね。

そして毎回キックオフでは司会者企画なるものがあり、今回は
マーケティング事業部長の栄井君に、メンバーのみんなから感謝の
意を伝えようという企画でした。

ということで最初に感謝の意を伝えたのは、一番身近の人ということで
なんと栄井君の奥さんとお子さんがビデオレターで登場。

奥さんの感謝のコメントはここで触れるに相応しくないので省略致しますが、
その内容からして、如何に栄井君が社員のメンバーから信頼されているかが
伺えました。そうじゃなきゃ、あの内容は言えない(笑)

それに続いて社員のメンバーからの感謝のメッセージが伝えられました。
聞いてる僕がジーンっと来てしまいました。良いチームだなと。

インターネット広告業界、特にモバイルの領域ではガラケーからスマートフォンに
プラットフォームが移行し、また遂に日本でもアドテクノロジーが主流になる
非常に変化が激しい世界。

誰よりも早く、そして力強くこの業界を引っ張って行く気概が必要です。
フォロワーではなくフロンティアとして。

栄井君を軸に、個性的で若くてパワフルなメンバーが一丸となってngi groupを、
そして広告業界をリードして行ってくれることを期待しています!

 

 キックオフ風景1.JPGのサムネール画像 

 

 キックオフ風景3.JPGのサムネール画像 

 

 キックオフ風景2.JPG
 

このアーカイブについて

このページには、2011年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年7月です。

次のアーカイブは2011年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ