2012年2月アーカイブ

変えるから変わる    

| トラックバック(0) |

最近、会社でいつも言っていること。それは変化を起こそうということ。

面白いもので、変えると変わるのです。変わるのは待つべきものではなく、やはり変えることが大切なんだなとつくづく思っています。例え些細なことでも変えると少なからず影響が出てきます。

変えない方が楽だし、怖くないし、リスクはないように思えるけれど、世の中が変わり、周りが変り、月日は黙ってても経っていくのに、自分だけ変わってないことの方がよっぽど怖い。

皆さんに共有できる最近変えたこと達。

・会議体の名前

・コーポレートサイト

・サービスサイト

・表彰制度

・社内の情報共有や教育の仕方

・新規事業に取り組む仕組み

・社内の人材異動の仕組み

・年賀状→年賀ムービー

・IR資料

・自分の髪型と服装(笑)

とまぁ、パッと思いつくのはこんなところでしょうか。もっともっといっぱい変化を起こそうとしていて、準備をしています。まだ言えないこともいっぱいあります。

是非会社のみんなにはこの変化を存分に楽しんで欲しいと思います。
え?そこから変えちゃうんだ、みたいな、ね。

で、変化を待つのではなく、自らどんなことでも良いので変えること、それによって得られる喜びやハラハラドキドキする感覚を味わって欲しいと思っています。

before.jpg

before   2009/7/31

after.jpg

after    2012/2/23

 

頂点を目指すための決断    

| トラックバック(0) |

本日ngi groupの取締役会でデジタル・アドバタインジング・コンソーシアム株式会社(以下「DAC」)と資本・業務提携を行うことを決議致しました。

本資本・業務提携を実現するために、明日よりDACによる当社の株式公開買付が開始致します。

ngi groupは1998年2月に創業者で現在取締役の西川によって、当時これからはインターネットの時代が来る、そして人々の生活にパラダイムシフトをもたらす、その熱い思いでインターネットビジネスのインキュベーターとして設立されました。

創業以来、多くのインターネットビジネスを自ら生み出し、またスタートアップベンチャーに投資をして参りました。

2006年8月に東証マザーズに上場した後、キャピタルゲインに依存した事業構造から継続的に成長を遂げる事業会社としてビジネスモデルを転換すべく、2009年2月に僕が社長に就任し、以降、これまで子会社であるフラクタリストで行ってきたモバイル広告事業を吸収しそれを事業の柱として、急成長を遂げるスマートフォン市場にフォーカスを当て一気に経営リソースを投下して参りました。

今、インターネットを取り巻く環境はスマートフォンの普及やFacebookを中心としたソーシャルメディアの普及により、日々大きな変化を遂げています。その中で当社はスマートフォン領域における広告プラットフォームの構築に全精力をあげて取り組んでいます。スマートフォンはiOSとAndroidというグローバルなプラットフォームをベースにしているため、これまで僕たちがPCやモバイルの世界では実現し得なかった、広告事業のグローバル展開が一気に可能になるという歴史上類希なチャンスに直面していると考えています。

そして正に今その切符を僕たちは手にしたと考えています。後は一気に頂点を目指して如何にスピード感を持って構想を実現させるかというフェーズに入ったと考えています。

その一歩をより大きくより確実に押し進めるために、今回DACとの資本・業務提携を行います。DACがこれまで築いてきたメディアとのネットワーク、グループ全体で保有しているナレッジやテクノロジー。
そこにngi groupが今構築しているスマートフォン広告プラットフォームを連携し、日本のスマートフォン広告市場における面展開を一気に加速させると共に、グローバルでの勝負を両社で力を併せて取り組んでいく所存です。

これまで独立した資本構成できた当社が、DACのグループ企業になるというのは非常に大きな意思決定です。しかし、本気でスマートフォン広告市場における頂点となるべく、決断をしました。

株主の皆様、取引先の皆様、ユーザーの皆様、社員のみんな、全てのステークホルダーの方々が、今まで以上にngi groupの可能性と未来に確信をして頂くと共に、一緒に頂点を目指すエキサイティングな道程を共に楽しんで頂けるよう、事業に邁進していきます。

今後ともご支援の程、宜しくお願い申し上げます。

 

リリースは下記をご覧ください。

http://www.ngigroup.com/jp/ir/release/2012/02/001247.html

 

新卒採用に対する想い    

| トラックバック(0) |

今年も新卒採用シーズンが始まり、街中でもリクルートスーツを着た学生さんをよく見かけるようになりました。

色々なところで言われているところだし、様々な意見がいっぱいあると思いますが、人生の最初のキャリアを決定することが今まで以上に困難な時代になっていると思っています。

・現在の成長産業、成長企業は過去のそれらと比較して多くの雇用を生まない
・市場、リソース、人材のグローバル化、フラット化、最適化が進む
・焼き畑的に短期サイクルで市場やメインプレイヤーがシフトする
・プラットフォームとしてのトップかニッチトップしか生き残れない

少子高齢化を上回るスピードで事業領域のグローバル化が進み、もう一方で国内では中堅以上の社員がだぶついているため、国内の大学生の雇用機会は今後ますます減少していくことでしょう。

また、今まで優良企業だと思っていた会社が倒産したり、成長している企業の成長が急に鈍化したりというのは今後どんどん普通のことになってくると思います。

従って、機会自体が減っているにも関わらず、せっかくスタートしたキャリアもどこでどうブレーキがかかってもおかしくない時代に突入している訳です。

これは新卒社員に限ったことではありません。過去の継続的な経済成長をベースとした雇用環境が崩れ、グローバル化とシステム化が進んだ先進国における共通の変化として、我々が直面して行く現実と言えます。

でも変わらないこともあると思います。あくまで仕事を頑張って人生においてやりきりたいと思っている人という前提になりますが、自分で目標を決めて、自分でモチベーションを高めて、自分で工夫して、仲間の力をうまく引き出し、自分で反省をして、他人の意見を素直に聞き、それを自分でしっかり腹落ちさせて、自分のポリシーや改善案に落とし込み、それらを永遠と謙虚に繰り返せるかどうか。それが出来る人はいつの時代でも自然と評価されると思うし、本人も満足のいく仕事人生を送ることが出来るのではないかと思います。もちろん失敗することも成功することもありますが、繰り返していればいつかチャンスを掴めると思います。

重要なことは誰かに認められることを目的にしない。自分から動く。満足しない。というところでしょうか。

もちろん人生の途中で大きなキャリアチェンジをしたり、大器晩成という言葉があるように将来何があるかは分かりません。

しかし、若いうちにどれだけの挑戦をし、ヒリヒリするような思いをし、自分の力で道を切り開いていく力(癖とか習慣といった方が良いかもしれない)を身につけることができたかが、その人のビジネス人生においてとてつもなく大きなインパクトを持っていると思います。

今、ngi groupでは、他社に先んじてスマートフォン領域において広告プラットフォームを構築するという軸と、ユーザーの行動を生み出すような自社サービスを創出するという二つの事業軸に注力をしています。これらの取り組みのベースとなるスマートフォンのプラットフォームは既にグローバルなものになっているので、当然当社も世界規模で他社に先駆けて、より力強く事業構築をして行く覚悟です。

僕たちの挑戦はまだ始まったばかりです。まだまだ変化を遂げ、成長していかなければいけません。
この会社で新卒で入社してくれるメンバー含め、若い仲間にどれだけ多くのチャレンジを、大変な困難を、そして成長する喜びを、どこの会社よりも提供したいと思っているし、それを実現することが社長としての僕の非常に重要な役目だと思っています。みんなの成長なくして組織の成長はありません。昨日より今日、今日より明日。たとえ少しであっても挑戦し、変化をし、成長する自立した個人が結集した強い会社にしたいと思っています。

平和に安定した日々を送りたいのであればうちの会社は適さないと思います。仕事が辛い、環境が悪いと愚痴を言っているようならお勧めできる会社では到底ありません。まだ変化の途上ですが、どれだけチャレンジできる機会をみんなに提供出来るか、それを大切な大切な会社の指標として今まで以上に僕自身コミットしていきますし、共感してくれる熱い仲間を求めています。

一緒にngi gorupとインターネットの未来を創る仲間を。


 

このアーカイブについて

このページには、2012年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年1月です。

次のアーカイブは2012年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ