2013年1月アーカイブ

座右の銘    

| トラックバック(0) |

経営者の仕事をしていると、よくインタビュー等で座右の銘は?という質問を受けます。


皆さんのインタビューとかを見ていると、色々な言葉を挙げているなとつくづく尊敬する訳です。


この前「財界」という経済誌の知り合いの記者さんから「忘れられないこの言葉」という

コーナーの取材を受けました。で、座右の銘と同様に、この手の質問にはとても苦手な僕。


どの言葉の話をしようかなぁと考えた結果、言葉というよりは小説の一文をお話させて

もらうことにしました。


以前、トライアスロンチームの仲間がFacebook上で勧めていた、夢枕 獏の「神々の山嶺」

という小説の一文です。


とあるベテラン登山家が登山の最中に遭難した際に書いた手記の言葉で、


「やすむな。

足が動かなければ手であるけ。

手が動かなければ指でゆけ。

指が動かなければ歯で雪をかみながら歩け。

歯もだめになったら目で歩け。

本当にだめだったら、本当にもう動けなくなったら、思え。

ありったけの心で思え(要約)」


というくだりがあります。


登山はしないので詳しくは分かりませんが、登頂というゴールに向かって

戦略的で計画的なものだと思います。また、体力や技術、装備、チーム作り、

兵糧など、達成するために必要なものをしっかり備えていかなければいけない

んだと思います。


そしてそれに加えて、この精神なんだろうな、と。


結果、成功することもあれば、途中で引き返すという意思決定だってなければいけない。

死んでしまったら登山家としては本望かもしれない。

しかしながら、二度と山には登れない。


これって、会社だったり、仕事だったりと本当に通じるものがあるなと

思います。


前に進むために何が出来るか。魂のある限り、考え続け、足を歩み続ける。


ちなみに財界誌の1月29日号に掲載していただいのですが、コーナーのスペースの

関係上、上記同様(要約)となってました(笑)言葉ではなく文章をお話ししてしまった

にも関わらず、頑張って編集してくれて感謝感謝です。


「神々の山嶺」、良い小説なのでおすすめです!


写真.JPG

新年のご挨拶    

| トラックバック(0) |

2013年が始まりました。そして、ユナイテッド(UNITED)としての新たなスタートを切りました!


この変化が激しいインターネット業界において、ユナイテッドの社長としてみんなと仕事に取り組める

ことを心から嬉しく思うとともに、本当にワクワクしています。


合併を通じて、両社のメンバーが一致団結することで、単純な合算以上の強みを持つことが出来ると

信じています。


デバイスやプラットフォームが分散するこの環境下において、僕たちは今回の合併を通じて

会社のステージを一段大きく引き上げる機会を持つことが出来たと考えています。


スマホのメディア事業、広告プラットフォーム事業、トレーディングデスク事業をコア事業とし、

各事業の強みを融合することで、スマートフォンマーケティング領域において、No.1のポジションを

築いていきたいと考えています。


人生において、仕事をしている時間というものは非常に長く、人生の大きな割合を占めています。

そして、人と人との出会いというものは奇跡的な確率で起こり、今まさにこのユナイテッドの

メンバーとして同じ会社で働いているということは神様がくれたプレゼントみたいなものだと

思っています。


その貴重な時間を使う以上、そして縁あって巡り会った仲間と一緒に戦う以上、

「日本を代表するインターネット企業」となることをみんなで是非実現したいと考えています。


2013年、大暴れしていきたいと考えていますので、宜しくお願いします!


写真 2.jpg

このアーカイブについて

このページには、2013年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年12月です。

次のアーカイブは2013年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ