2012.09.05

直感を信じて

金子 陽三
代表取締役社長COO
金子 陽三

今から13年ぐらい前、大学卒業間近に外資系の証券会社とコンサルティング会社の内定者何人かで

集う機会がありました。その時に初めて岩瀬氏に会いました。

彼はボストンコンサルティンググループの内定者で僕はリーマンブラザーズ証券の内定者。

今は彼がライフネット生命保険の副社長で僕はmotionBEATの社長。その縁もあり、

ライフネット生命保険には投資もさせて頂きました。

その彼がTwitterに下記のコメントをしていたので、勝手に引用させてもらいます。

「直感を信じて、飛んでみる。それができない人がいかに多いことか。

僕から見たら最高のチャンスなのに、色々理由をつけて動けない。

たぶん、一生そうなのだろうな。もったいない。」

もちろん事業をやる上では十分な分析や仮説は非常に重要です。

ただ、本当に大切なのはどこに向かって何を誰とどうやるかであって、

分析や評価や理由付けをするということはその方法のほんの一側面でしかありません。

「直感を信じて、飛んでみる」

まさに人生や会社を飛躍させる、成長させる上で必要なことだと思います。

人生や会社を一段違う次元に持っていくために不可欠な行為だと思います。

人々の生活においてスマートフォンは欠かせないデバイスになります。

人々がスマートフォンに接する時間は日々増えていきます。

人々がスマートフォンで得た情報を元に行動を起こす頻度も当然

日々増えていきます。従って、スマートフォン上における広告機会も

成長します。より便利なサービスに対するニーズも高まります。

そんなことは当たり前のことです。そこに事業会社の経営者として

舵を切るのは当然です。

その上で、僕たちがどう事業を構築し、ユーザー、広告主、メディア、

全てのステークホルダーに満足してもらえるビジネスモデルを構築するか、

それが僕たちに求められていると思います。

motionBEATはさらに前に進みます。

sea_3201_w800.jpg
記事一覧へ
金子 陽三

OTHER ARTICLES