2021.06.10

DXソリューション本部の状況と若手育成の仕組み

米田 吉宏
執行役員
米田 吉宏

執行役員の米田でございます。

今回はDXソリューション本部での取り組みと、早川の役員ブログ「自己変革を続ける組織カルチャー」にて言及がありました若手の育成の仕組みについて紹介したいと思います。

DXソリューション本部の状況

本部設立後半年のタイミングですが、当初計画案件数を上回るペースでクライアント様のコンサルティングを進めております。今回はどのような案件を支援しているのか、また、お問い合わせいただく企業の課題認識について紹介いたします。

当社では、「これまでの広告代理事業・アドテクノロジー事業で培ったマーケティング・データ分析力」「グループ会社キラメックスによるDX人材育成カリキュラム」「グループ会社ブリューアスが持つシステム開発力」「元戦略コンサルタントを中心とした戦略コンサルティングノウハウ」を活用した案件の推進を行っております。

当本部での直近の代表的な案件としては、

  • 海外サービスの日本参入に向けたローカライゼーション戦略の策定
  • toBサービス企業における全社トランスフォーメーション
  • 次世代営業オペレーション実現のためのリードジェネレーション~営業連携支援
  • toC企業における次世代マーケティング企画支援
    • 顧客データにもとづく顧客セグメンテーション/セグメントごとのアプローチチャネルの最適化検討
  • ノーコード(Bubble)を活用した、業務支援システムの構築
  • トランスフォーメーションを自社で実現するための組織育成策の企画・実行

となります。

お問い合わせいただくテーマのなかでも、以下に関しては当社として価値が出せる領域だと認識しておりますので、課題をお感じの方はぜひお問い合わせください。

  • 全社トランスフォーメーション
  • サービス開発/新規事業開発
  • マーケティング戦略の高度化
  • 業務効率化

若手の育成の仕組み

当本部では、若手育成の重点を、

  • 成長し続ける為のマインドセットの醸成
  • 基礎的なビジネススキルの習得とフィードバック総量の拡大
  • クライアント様との議論/実行支援への関与

においております。

上記を重点達成するために、当本部では、

  1. DXソリューション本部パーパス、バリューの制定(浸透に向けたグッズ策定、ワークショップ実施含む)
  2. プロジェクトベースの評価/フィードバック提供の仕組み確立
  3. 先輩社員が新入社員とタッグを組んで仕事を進めるメンターシップ制度
  4. シニアだけでなく若手メンバーの積極的な議論参加を促進するコミュニケーション

に取り組んできました。

この中でも特徴的なものとして、パーパス/バリュー制定・浸透に向けた取り組みと、プロジェクトベースの評価/フィードバック提供の仕組み確立についてご説明いたします。

パーパス/バリュー制定・浸透に向けた取り組み

当本部全員が参加するワークショップで、各メンバーの想いをもとにしたパーパスの言語化。また、ビジネスプロフェッショナルとして発揮すべき姿勢・精神・行動を形にしたバリュー。この2つをもとに、常に指導を行うとともに、本部での定例ミーティング等で相互に理解を深めるセッションを行い、定期的にマインドセット醸成につなげています。

PURPOSE
挑戦者のやりたい、やるべきを形に

MISSION
戦略とオペレーションにデジタルを組み込み、
挑戦を続ける企業のポテンシャルを解き放つ

VALUE
顧客価値の創出
・顧客第一、成果主義、インサイトドリブン、カスタムメイド、最高品質

プロフェッショナル意識
・変革と挑戦の起点、成長は自己責任、資源の最大活用、長期かつ俯瞰的視野、高い知的探究心

プロフェッショナルとして高めあう環境
・フィードバックの充実、循環する育成、飽くなき生産性追求、非凡な人材集団、多様性の尊重

プロジェクトベースの評価/フィードバック提供の仕組み確立

DXソリューション本部では、2~3ヵ月程度のプロジェクトにメンバーがアサインされ、そのプロジェクトのリーダーと共にクライアント様への支援を行います。このサイクルに育成に関する評価、並びに、フィードバックを合わせることで、納得感があり、具体的な指導が行われるように心がけています。

バリューに加え、コンサルタントに求められるコンピテンシー(マインドセットと期待される行動からなるもの)を設定し、その項目にもとづきプロジェクトが終わり次第、評価とフィードバックが得られるようにしています。

コンピテンシー項目はグレードによって、難易度や項目も変化しますが、同じグレードでああれば全員共通です。常に同じ項目・基準にそって、異なる評価者のフィードが行われることで、一貫性があり納得感がある評価・フィードバックを提供し、早期の人材育成を実現しようと考えています。

こうした取り組みに関して、ご興味がありましたらご支援も行っておりますので、

ぜひお知らせください。

なお、当社は経済産業省と東京証券取引所が主催する「デジタルトランスフォーメーション銘柄(DX銘柄)2021」の「DX注目企業2021」に選定されました。

今後より一層精進できればと思いますので、何卒よろしくお願いいたします。

ご意見・ご感想ございましたら、下記アドレスにお送りください。
press@united.jp
記事一覧へ
現在記事はありません。
米田 吉宏

OTHER ARTICLES