2022.08.04

2023年3月期第1四半期決算ダイジェスト

山下 優司
執行役員
山下 優司

本日発表いたしました「2023年3月期第1四半期決算」のダイジェストにつきまして、
私、山下より以下6点にてご説明いたします。

なお、決算の詳細につきましては「2023年3月期第1四半期決算説明資料」をご覧ください。

また、今期より、パーパスに基づき、DX(※)プラットフォーム領域内の
「教育事業」「人材マッチング事業」、および「投資事業」を
今後の成長をけん引するコア事業として設定いたしました。

教育事業は、キラメックス株式会社が運営する「テックアカデミー」を指します。
人材マッチング事業は、キラメックス株式会社が運営する「テックアカデミーワークス」、
およびリベイス株式会社によって構成されます。
そして投資事業は、弊社、投資事業本部を指します。

コア事業の詳細、および成長戦略については、金子のブログをご覧ください。

 

1. 第1四半期決算および通期業績予想進捗について

2023年3月期第1四半期業績につきましては、
売上高47億76百万円(前期比+0%)、
営業利益31億25百万円(前期比+4%)となりました。

 

また、通期業績予想進捗につきましては、保有有価証券の一部を先渡契約により売却を行ったため、
営業利益53.9%、経常利益53.9%、親会社株主に帰属する当期純利益は50%で進捗しております。
今後もコア事業の成長に向け、M&A等を検討する予定のため、業績予想は据え置いています。

 

2. 自己株式の取得状況について
資本効率および株式価値の向上を目的として、自己株式の取得を実行しております。

2022年6月30日時点で、取得した株式の総数は165,900株(上限550,000株に対して30%)、
株式の取得価額の総額は269百万円(上限1,000百万円に対して27%)となっております。

また、今回取得する自己株式の全株式数について、2022年2月28日に消却を予定しております。

なお、上限55万株の自己株式を取得した場合、
消却株式数は、2022年5月11日時点の発行済株式総数の2.7%となります。

 

3. DXプラットフォーム領域について
売上高は、人材マッチング事業の拡大により、前年同四半期比で増収となりました。
営業利益は、教育事業の「テックアカデミー」において、受講者の獲得効率が改善したことにより、
前年同四半期比で増益となっております。

 

4. インベストメント領域について
有価証券の売却、およびLP出資先の運用益の計上により、前年同四半期と同水準で着地いたしました。

 

5.コンテンツ領域について
売上高は、 「クラッシュフィーバー」の共同運営権持分の譲渡による減少を、
フォッグ㈱の伸長により補い、前年同四半期と同水準で着地となりました。
営業利益は、同譲渡による影響、およびフォッグ㈱における販促費拡大により、前年同四半期比で減益となりました。

 

6.アドテクノロジー事業
主要広告主からの出稿ニーズが回復したことにより、前年同四半期と同水準で着地いたしました。
第2四半期以降も継続的な収益貢献を見込んでおります。

 

以上、2023年3月期第1四半期決算ダイジェストについてご説明いたしました。

引き続き、パーパス「意志の力を最大化し、社会の善進を加速する。」に基づき、
コア事業の成長により企業価値の向上に努めるとともに、社会をより善い方向へ
進めることに貢献してまいります。

※ デジタルトランスフォーメーション(Digital Transformation、略称「DX」)
企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、
顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、
業務そのものや組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること(経済産業省)

ご意見・ご感想ございましたら、下記アドレスにお送りください。
press@united.jp
記事一覧へ
現在記事はありません。
山下 優司

OTHER ARTICLES