2019年7月アーカイブ

2020年3月期第1四半期決算について    

|
本日7月31日は僕の43歳の誕生日でもありますが、ユナイテッドの
決算発表日でした。第1四半期の連結業績は下記の数値で着地いたしました。

売上高  :6,083百万円(前年同期比△61%)
営業利益 :1,694百万円(前年同期比△86%)
経常利益 :1,662百万円(前年同期比△87%)
当期純利益: 764百万円(前年同期比△91%)

coo190731_p8.png

前年同四半期に投資先であるメルカリの上場があり、売出に応じて
128億円の売上高を計上したため、前年同期比では大きな減収・減益と
なっておりますが、前期及び今期の数値から上記株式売却の影響を
除くと+685百万円(+25%)の増収、△394百万円の減益となっています。

coo190731_p9.png


<アドテクノロジー事業について>

アドテクノロジー事業の業績については前期第4四半期以降安定して推移しており、
前年同期比では9%増収、+144百万円増益で着地しました。
売上総利益率も堅調に推移しております。営業利益ベースでは前四半期比で
△13%の減益となっていますが、これは営業体制の強化や新卒社員が
当該セグメントに配属されたためです。

coo190731_p15.png

coo190731_p16.png

スマホゲーム市場及びスマホゲーム広告市場が頭打ちを迎えている中で
当社が注力しているアプリ広告領域においては、非ゲームアプリ広告主の
獲得がより一層重要になっております。
そのため、顧客ニーズに合わせたプロダクトの改善やバリューチェーンを
拡げるようなプロダクトの新規リリースを引き続き行ってまいります。

coo190731_p17.png


<ゲーム事業について>

ゲーム事業においては、既存タイトルは引き続き収益貢献したものの、
ユナイテッド及び前期グループ会社化したトライフォートが
前期下半期以降にリリースした新規タイトルが想定を大きく下回り、
厳しい業績の四半期となりました。結果として、前年同期比+48%の増収、
△507百万円の減益で着地いたしました。

coo190731_p18.png

coo190731_p19.png

上記の通り、飽和したスマホゲーム市場の中でこれまで通りの方法で戦い続けて行くのはリスクが高いと考え、
2019年内にリリース予定の新規タイトルを除き、一旦新規のゲーム開発はストップし費用削減に努めます。我々の強みのある領域で勝負ができるように体制を見直し、しっかりと収益が出る状態を早急に作りたいと考えています。


<コンテンツ事業について>

コンテンツ事業については、①非常に順調に推移している事業と②事業が想定通り進捗しなかった事業、そして③引き続き投資を継続している事業と大きく差が分かれた四半期でした。①については継続して成長を遂げるべく経営資源を優先的に分配し、中期経営計画の目標達成に向けた注力事業として伸ばしてまいります。②については選択と集中を積極的に進めてまいります。③についても今期上半期の投資の結果を見極め、伸ばすべき事業以外は撤退するといった判断を行います。セグメント全体として、今期上半期中は投資を継続いたしますが、下半期には収益性の改善を目指します。

coo190731_p21.png


<今期の方針について>

前期は中期経営計画における「投資期」として様々な事業に積極投資を行なってまいりました。一方、今期2020年3月期は「集中期」として、黒字事業と赤字事業が混在しながらも成長可能性が高い事業に継続的に投資をしていく期として位置づけております。

今期第1四半期は、前期の投資期から集中期への移行期間であるため
メルカリ株式の売却を除く営業利益がまだ赤字という状況ですが、
上記のセグメントごとの取り組みを通じて収益改善に向けて取り組んで行くとともに、
中期経営計画の定量・定性の両目標(※)を実現すべくユナイテッド並びに
グループ各社の役職員一同、事業に邁進して行く所存です。

引き続きご支援の程、宜しくお願い申し上げます。


※2022年3月期を最終年度とする中期経営計画「UNITED2.0」における中期経営目標
・定量目標:チャレンジ目標100億円、コミット目標50億円
・定性目標:UNITEDエンパワーメントプラットフォーム(UEP)の確立
(UEP=起業家・事業家・経営者とスペシャリストが集まり、チームユナイテッドとして成長出来るプラットフォーム)

自分なりのリーダーシップ    

|
前のブログのエントリーで記載したU-WILL。6月のU-WILLでは、
日本ラグビーフットボール協会のコーチングディレクターを
務めた中竹竜二さんが来てくださいました。

参加した社員のみんなにとって
非常にためになった話だったかと思います。
また、セッションの進め方とかもとても参考になりました。
なかなか日本人で、あそこまでのインタラクティブな
セッションを行える方は少ないん
じゃないかなと思いました。
おそらく過去のご経験を通じて相当トレーニングされ
た賜物ではと。

僕自身、2002年に起業をしたり、
2009年にユナイテッドの前進の会社の社長に就任し、
2012年から代表取締役会長CEOの早川と一緒に
ユナイテッドの代表取締役を務めていますが、
自分自身常にどのようにリーダーシップを発揮するか、
という点は自問自答を繰り返してきました。

中竹さんのお話にもありましたが正解はありません。

僕はこれまでベンチャー企業に投資をいっぱいしてきました。
その過程で、様々な経営者にお会いしました。

投資をしているとよく「どんな社長が成功するんですか?」
という質問を受けるのですが、そんなもの答えられません。
だって成功されている経営者の方々も千差万別ですから。
また、それがそんなにシンプルに答えられるようなものだったら
投資も苦労しません。

強いて言うことができるとすると、リーダーのキャラクターや強み
取り組んでいる事業内容やビジネスモデル、市場環境、
経営チームをはじめとした組織文化、会社の成長ステージ、
こういった変数がかみ合っている会社は強い、ということかなと
経験上認識しています。

そういう意味では、自分を知る、仲間を知る、事業を知る、
市場を知る、会社の状況を把握する、
こういった客観的に己を捉える力っていうのが
凄い重要なんじゃないかと思います。
その上で、取るべき行動を見つけていく。

また、市場環境も会社のステージもどんどん変わっていく中で、
分のスタイルをアップデートしていくこと、
これももう一つとても重要なことだと思います。
一度成功したからといって、それに満足せず、
自分が取れるかもしれない他のスタイルの幅も
広げていくイメージですね。

という感じで、社員のためだけではなく僕自身にとっても、
中竹さんのお話はリーダーシップについて
改めて考えさせてくれる非常に貴重な時間でした。

ユナイテッドの「日本を代表するインターネット企業になる」
というビジョンの実現に向けて僕自身も社員と一緒に
アップデートし続けていきたいと思います。

このアーカイブについて

このページには、2019年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2019年6月です。

次のアーカイブは2019年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ